川越

懸賞 2005年 02月 20日 懸賞

僕が大好きな女の子と行った川越のお話。

川越。
埼玉県にあるこの街は「小江戸」といわれるくらい、古き良き江戸の文化を残す街でありました。
「じゃらん」で情報をキャッチ。しおりを作って向かいます。
(「じゃらん」で調べたのは、彼女です。しおりを作ったのは僕です。)

JR大宮駅から川越線で18分、意外と近い!
川越線終着駅なのです。
なんだか終着駅って雰囲気がある。上野とか、籠原とか、高崎とか、良い。
もっと終着駅を体験したい。
電車っていいな。

川越駅からバスに乗ります。
西口から「小江戸巡回バス」が出ています。おしゃれ。12人乗り。
春の観光シーズンには混み合うそうです。
1日乗り放題のフリーパスチケットが500円。安い。3回乗れば元が取れる。
各停留所へ30分おきに来ます。観光に便利なバスのです。

b0052971_21402712.jpg
                     おしゃれなバス。意外と小さい。


初めに喜多院に行きました。
すごい。国宝川越大師。川崎大師に似ています。
喜多院は慈覚大師円仁により創建されたそうで、天台宗のお寺です。
天海さんって知っていますか。歴史好きにはたまりません。
※僕は別に歴史好きではありません。念のため。
家康も来たのです。だから、東照宮もあります。三大東照宮の一つです。
由緒正しい感じがする。国宝。

お寺の中を観てまわるには、大人400円。子供はいくらだったかな。
お金を取るのか・・・。税金は払うのかな。
重要文化財保存のためだそうです。穴のあいた屏風が放置されていました。なぜ。

客殿には「徳川家光誕生の間」があります。背筋がゾクリとする部屋。こええ。
そこから庭が一望できます。畳の感触を楽しみながら、寝転がれます。
こんな部屋、欲しい。夏に欲しい。
書院には「春日局化粧の間」があります。
現存する江戸城唯一の遺構とされ、重要文化財に指定されているそうです。
またまた重要なのです。重要なものばかりだ。静かに歩こう。

僕が一番興味を引かれたのは、五百羅漢。
たくさん仏像があって怖いです。自分に似た顔を探すのが、通の観かたです。
あったらどうだろう。なんか、やだなあ。

b0052971_2152465.jpg
                      羅漢の一人。誰かに似てる?


続いて訪れたのは、川越城本丸御殿。城だ。城好きだ。
川越城。
現存しているのは玄関部分と移築復元された家老詰所だけ。
なので、さみしい!一階立て。
外国人が厠を見て、「男女一緒なんですか?」と日本人に聞いていました。

b0052971_2155548.jpg
               松平家のお城。マツケンサンバ。入館料大人100円
                   

市立博物館と蔵造り資料館との共通入場券が300円というので買う。
市立博物館。とても綺麗な博物館。
城下町川越の歴史と文化を紹介しています。
地味です。こんなに地味な博物館。好きです。
江戸の町の模型が格好良い。

蔵造り資料館、時の鐘、菓子屋横丁。
蔵造り資料館説明不要、階段危険。
時の鐘、自動で鐘をついています。人が集まります。ゴーン。(カルロス)

蔵造り通りにて芋ビールを飲む。
黒ビールです。薩摩芋の香りがします。
おいしい蕎麦屋を見つけました。今度書きます。
割り子蕎麦がイカス。
薩摩芋の天ぷらもうまし。蕎麦を揚げた籠がいい。

菓子屋横丁。
子供達が集まってました。
打菓子。カツーンカツーン。
型からはずすときに木槌で打つところから、打菓子というそうです。
※おばさんが言ってました。真偽不明。

帰りにお芋の形をしたお菓子を買いました。
ちょっと高かったけれど、美味しかったです。
川越駅まで裏通りを歩いてみたら、いい感じ。
石畳の通りがあったりして、小雨でも降ったら気持ちいいに違いない。
サラサラ鳴きそう。
住んでみたいなあ。

ということで川越。
いいな。いいぞ!
また行こう。ぜひ行こう。

b0052971_22243147.jpg
                      痩せてた・・・。
[PR]

by nicolasman | 2005-02-20 22:28 | ニコラスドラム

<< キキタイヤツハキケ。   ラーメン散歩セブン >>